Menu

医療脱毛のメリット・デメリット

うつぶせで微笑む女性

ムダ毛の濃さに悩んでいる人は脱毛しようか考えちゃいますよね。

光脱毛を行っているエステサロンの数は多く、光脱毛を選択する人も多いですが、やっぱり気になるのがクリニックで行う医療脱毛です。

医療脱毛に興味がある女性は多いでしょう。

医療脱毛のメリットやデメリットを見ていき、その特徴を探っていきましょう。

医療脱毛のメリット

脱毛効果が高い
医療脱毛はレーザーを用いて脱毛していきます。実は脱毛の仕組みはエステの光脱毛と同じ。毛のメラニン色素に反応させる事で熱を生み出し、熱によって脱毛していきます。
光脱毛と違うのはレーザーであるということです。光とレーザーはパワーの強さが違います。医療脱毛のレーザーの質力を下げたものが光脱毛なのです。
光脱毛が毛根にダメージを与えるのに対し、医療脱毛は毛根を破壊していきます。
脱毛効果は医療脱毛の方が上です。

医療機関なので安心
万が一脱毛によって何かしらの肌トラブルが起こっても医療機関であればすぐに対処出来ますし、安心です。また医療脱毛は、免許を持った医療従事者のみが扱える機械となっています。

医療脱毛のデメリット

料金設定が高額
医療脱毛は保険適用外の施術となるので、料金はクリニックが自由に設定できる自由診療となっています。料金は高めに設定してあるところがほとんどで、全身脱毛5~6回で15~40万円と幅があります。全身脱毛といっても顔やVIOは覗いている場合が多いので、初めに確認をしていた方が良いです。

痛い
医療脱毛は「痛い」とうよく耳にしますが、実際痛みは強いです。その痛みの強さで施術を断念してしまう人もいるでしょう。心配な方はいきなりコース契約をせず、パッチテストや1度お試しで脱毛してみましょう。痛みが強い場合は麻酔をして脱毛してくれる所もあるそうです。

産毛には効果が薄い
レーザーはメラニン色素に反応するようになっているので、色素が薄い産毛には効果は薄いです。

エステで行える最新の光脱毛のSHRは濃い毛、薄い毛に関わらず脱毛することができますし、痛みも通常の光脱毛よりも少なく、料金も医療脱毛と比較してリーズナブルです。脱毛ビギナーさんは、まずはお試しでSHR脱毛から始めてみても良いかもしれません。